THUNDER LESSON !

【六本木歌舞伎 座頭市】平成29年8月公演 〜Part1〜

歌舞伎をご覧になったことのない方からよくお聞きするのが「古典のセリフが聞き取れないかも…。」という不安の声。

そんな皆さまにもオススメなのが「六本木歌舞伎 座頭市」です。これは歌舞伎の要素を取り入れながら、現代語で書かれた新作歌舞伎です。では、どんなところに歌舞伎ならではの演出や約束事が盛り込まれているのか、見てみることにしましょう。


定式幕(じょうしきまく)
劇場に入ると目に飛び込んでくるのが黒、柿、萌葱(もえぎ)の三色の幕。「いつも使うお定まりの幕」という意味で「定式幕」と呼びます。拍子木を打ち合わせる音が「チョーン、チョーン」と二回続けて聞こえたらこの幕が開いて、開演となります。

 

附け(つけ)
上演中、舞台右手の床で木を板に打ち付けているのは「附け」といって、俳優の演技を強調する効果音です。附けを打つのは「附け打ち」という専門職。俳優の動きとの一体化が求められる大変高度な職人技です。クライマックスでの激しい立ち回りと、息のあった「附け」は迫力満点です!

今回の附け打ち 金田良祐さんは、附けを打ち始めてから1年程で初舞台を経験されました。練習よりも、舞台での経験を積み重ねていくことが重要と。
また、手に持つ2本の「附け木」は、自分の手に合うものをご自身で作られるそうです。まさに職人ですね!

 

竹本(たけもと)
歌舞伎の音楽の一つです。舞台右で、「太夫(たゆう)」と呼ばれる語り手が、三味線の演奏に合わせてその場の情景を語ります。物語のナレーション役といったところです。
今回の舞台では、現代の「ラップ音楽」も登場します。伝統的な竹本の語りとラップの聴き比べが出来るのも、六本木歌舞伎の楽しみのひとつです。海老蔵がラップにどう反応するのか、注目したいですね。

 

太夫の衣装(たゆうのいしょう)
歌舞伎には遊女がよく登場します。遊女の中でも位の高い人が太夫(たゆう)で、伊達兵庫(だてひょうご)という華やかな鬘(かつら)に、豪華な打掛(うちかけ)を羽織り、胸元からはを俎板帯(まないたおび)を垂らし、足元は高下駄というのが太夫の定番ファッションです。

伊達兵庫は2kg以上、高下駄は3kg以上、帯、着物、打掛は併せて20kg近くに及びます。これを身につけての演技はかなりハードですね!

 

▼もっと見る▼
【六本木歌舞伎 座頭市】平成29年8月公演 〜Part2〜