THUNDER LESSON !

【平家女護島 俊寛】平成31年1月 新橋演舞場(夜の部)

平家女護島 俊寛(へいけにょごのしま しゅんかん)

平安末期、平清盛が全盛期のころ。清盛に反発した俊寛たちが島流しになって3年が過ぎ、ついに都から恩赦(おんしゃ。刑の免除)を告げる船がやってきます。「やっと都へ戻れる!」。
喜びに沸く一同ですが・・・? 


『平家女護島』(明治19[1886〕年2月 市村座)豊原国周 M248-27 都立中央図書館特別文庫室所蔵

 

舞台は、都から遠く離れた鬼界ケ島。流罪となったのは、俊寛、康頼(やすより)、成経(なりつね)の3人です。
都の船を待ち続けるある日のこと、成経が、島に住む海女=千鳥を妻に迎えることになりました。

 

婚礼のお祝いをしていると、ついに都から船がやってきます。
ところが、使者の瀬尾(せのお)によれば、平清盛は「3人のうち、俊寛だけは島に残せ」と命じたというのです。
俊寛が悲しみに暮れるところへ、もう一人の使者、基康(もとやす)が登場。清盛の息子達の計らいで、俊寛も都に帰れると告げます!


しかし、船に乗れるのは3人だけ。千鳥は連れてゆけません。新婚の2人を引き離すのは気の毒です。俊寛は、自分が島に残る代わりに、千鳥を船に乗せてやる決意をします。

 

俊寛は、都で待つ妻=東屋(あずまや)に会うのを楽しみにしていました。しかし、東屋は、清盛に命じられた瀬尾によって殺されていたのです。都に戻る目的を失った俊寛は、一人で島に残ることに。都へ向かう船が遠ざかるにつれ、俊寛は、堪(こら)えようのない孤独と絶望に襲われます。この場面は、歌舞伎の舞台措置を用いた見事な演出で、涙を誘う大きなみどころです。

 

-------------------------------------------
 


▼豆知識▼

・鬼界ヶ島
俊寛は実在した僧侶で、流罪となった鬼界ヶ島で生涯を終えました。この島は、現在の硫黄島だとも喜界島だとも言われます(ともに鹿児島県の島)。


(喜界島の俊寛像)

 

・恩赦
流罪は死罪の次に重い刑罰で、原則として終身刑でしたが、国の慶事などの時に刑を免除する「恩赦」のときは、元の暮らしに戻れることがありました。この作品では、平清盛の娘の安産を祈って恩赦が行われ、迎えの船がやってきます。

 

・りんにょぎゃってくれめせ
海女の千鳥のセリフ。作者が考えた薩摩弁で、「可愛がってください」という意味です。都の美女に親しんでいた成経ですが、田舎なまりの純朴な千鳥に心を動かされたのです。

 

・「思い切っても凡夫心(ぼんぷしん)」
最後の場面で、竹本が語る詞章の一部です。
凡夫とは仏教用語で、煩悩(ぼんのう)に支配されている人のこと。
立派な僧侶である俊寛の心も揺れ動くという、この作品の核心を突いたところです。

 

夜の部『春興鏡獅子』のレッスンを読む

◇ 昼の部『極付幡隨長兵衛』のレッスンを読む

 

-------------------------------------------


※掲載画像の無断複製や二次使用を固く禁じます

 

▼THUNDER LESSON! 記事一覧▼
https://thunderparty.jp/contents/thunder_lesson


▼THUNDER PARTY!トップページ▼
https://thunderparty.jp/