THUNDER LESSON !

【鈴ヶ森】令和2年1月 新橋演舞場(昼の部)

御存  鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)

主な登場人物は、江戸時代に実在した2人の有名人。1人は、剣術自慢の少年「白井権八(しらいごんぱち)」、もう1人は、江戸の侠客(きょうかく)「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」。
海老蔵が演じるのは長兵衛です。

 


文政06[1823]年 市村座(歌川国貞1世 M238-12-2 都立中央図書館特別文庫室所蔵)
 

人を斬った罪でお尋ね者となり、逃亡中の白井権八。大勢のならず者に襲われますが、1人で立ち向かい、次々と斬り捨てます。そこに通りかかるのが幡随院長兵衛。権八の刀さばきに感心し、権八を匿(かくま)う約束をします。
単純なストーリーですが、歌舞伎特有の演出や面白さが詰め込まれた作品です!

 

-------------------------------------------


▼豆知識

・権八と長兵衛
白井権八の実名は、平井権八(1655-1679年)。因幡国(いなばのくに・鳥取県)の侍でしたが、18歳の時、父の同僚を斬り殺して江戸へ逃亡しました。江戸で遊女と深い仲になると、廓通いの金を稼ぐために130人もの人を殺して金品を奪い、1679年に鈴ヶ森刑場(東京都品川区)で死罪となったと伝わります。

幡隨院長兵衛(1622-1650 or 1657年)は、江戸庶民のヒーロー。「極付幡隨長兵衛」でも知られる通り、旗本奴の水野十郎左衛門に殺害されました。

歴史上は、長兵衛が亡くなった時点では、権八は生まれていないか、生まれていたとしても赤ん坊。二人が江戸で出会うことなどあり得ません。御存鈴ヶ森は、もしこの二人の有名人が出会っていたら・・?という作者のユニークな発想が生み出した物語なのです。

 

◇ 夜の部『神明恵和合取組』のレッスンを読む

 

-------------------------------------------

 


※掲載画像の無断複製や二次使用を固く禁じます

 

▼THUNDER LESSON! 記事一覧▼
https://thunderparty.jp/contents/thunder_lesson


▼THUNDER PARTY!トップページ▼
https://thunderparty.jp/